梅干しを効率的に上手に摂ってダイエット

昔から体にいいと良いと伝えられてきたいい伝えられてきた梅干しですが、その効能が科学的なデーターから解明されるようになって、ダイエットにも効果があることがわかってきました。効率的なのは「塩だけでつけた大粒のものを1日に1粒」なのだそうですが、塩分過多になるのも気になるところです。けれど海藻やイモ類などと一緒に摂ったりパセリなどのカリウムの多い食品を併用することで解決することもあります。せっかくダイエットに挑戦するなら上手な取り方をしましょう。白いご飯の上にのせるのは美味しいのですが、カロリーのことを考えるとNGです。目的はダイエットにあることを忘れないようにしましょう。オクラや長いもなどのネバネバ成分のあるものを和えるのは健康面からもおすすめです。カロリーも控えめなので安心して口にできますね。どうしてもご飯が恋しいならショウガやひじきなどと一緒に炊き込みご飯にしてみましょう。食べすぎにさえ気をつければダイエットのサポート食としてピッタリです。

マクロビオティックにも重宝な梅干し

マクロビオティックとは、玄米と野菜を主に食べる食事療法です。海外のセレブな人たちが実践しているということで有名になりましたが、実は日本の伝統的な食事でもあります。マクロビオティックは玄米を主食としますが、そのお供として欠かせないのが梅干しです。梅干しには、唾液の分泌を助け、でんぷんの消化を促進する働きがあるので、玄米のごはんとの相性は抜群だとされています。疲れを軽減し、肝機能の改善や血液をきれいにしてくれる作用も持つ健康食品でもあります。また、マクロビオティックには血液を浄化し、血行を促す飲み物といわれる梅醤番茶というものがありますが、これは梅干しと醤油、しょうがのしぼり汁を合わせたものに番茶をそそぐというもので、解毒を促し、胃腸や腎臓などにやさしいとされています。日本の伝統的な加工食品を食卓に活かすことで、さらに健康増進が望めるでしょう。

梅干しは夏にも最適な魅力的な食材です

暑い日が続くと、どうしても気になるのが夏バテではないでしょうか。毎日どんなに体をケアしているつもりでも、自然に食欲が落ちてしまい、気が付いたら夏バテしてしまったという人もいらっしゃるかもしれません。そんなときに役立てたい食材が梅干しです。梅干しには夏バテに効果が期待できると言われているクエン酸が含まれていますので、毎日食べることで夏バテを防ぐことができます。また、暑い日は汗を大量にかいてしまいますので、水分と塩分の補給が欠かせません。そんなときも梅干しを取り入れることで手軽に塩分を補うことができますので、夏は常備しておくと役立ちます。さらに、古くから食中毒を防ぐ食材としても注目されていますので、お弁当に入れたりおにぎりの具にするなど、夏の食生活に上手に取り入れるとよいでしょう。暑くて食欲がないとき、いつでも気軽に取り入れられる食材を探しているときにも適しています。

五代庵は、100年続いた和歌山紀州梅専門店(創業天保5年)が運営している梅干しや梅製品を販売している会社です。 WEB運営実績は8年! 梅嫌いのお客様でもこの梅だけは食べれた、他にはないここだけの商品が多い。 WEBのみポイント利用可能! 当社の実績とは、身体に良いとされる健康食品の梅干しを昔からの製法で製造して販売を行なっている事です。 テレビで紹介された実績のある和歌山梅干しの通販はこちら